田中さんの体験談⑤

例えば、給付金として7,500円をもらっているとしよう。

もし5万円借りていれば、手数料で1,500円取られ、ドヤの宿泊費と食費を合わせて3,000円を使っても、残り3,000円を元金の返済に向けることも可能だ。

17日間給付金をもらえる状況にあれば、3,000円×17回=51,000円となり、まったく仕事をせずに元金を完済できるというわけだ。
 
田中さんの話では、金を返さず逃げられたとしても、金貸したちは、預かっている手帳をほかの人間に持たせて、給付金を受け取ることができるらしい。

このとき、手帳には闇印紙などを貼って工作するという。うまくできている。
 
金貸しという連中は、借金から逃れるために西成にいる人間をも食い物にしようとしているのである。

田中さんは、借金で西成にもいられないようになり、現在公園で空き缶を集めながら暮らしている。

※このお話を教訓に無理な借り入れはやめましょう。計画的なキャッシングで借り入れしましょう※